top_oharai.jpg” alt=”” width=”765″ height=”150″ />

井戸・神棚・仏壇・お稲荷さん等お祓い

経年劣化の為、或いは新築の為家を解体

邪魔な物を撤去処分と考える方もおられると思いますが、長い間家族や、家財を風雨等から守り続けてくれたお家に感謝の気持を込めて清め塩をまいたり、お祓いをしてスッキリした気持で、解体工事を依頼して頂く事をお勧めいたします。

尚、法的拘束力等は一切ありませんのでお客様ご自身の判断にお任せ致します。

井戸のお祓い

井戸は、私共が解体工事を承った時よく出会します。

井戸の撤去埋め戻を承っていますが、魂抜き、お祓い、昔からよく言われる水神揚げをして頂いた後の施工となります。

尚、遠隔地在住やお仕事等で立会が、難しいお客様の場合は弊社のほうで代行させて頂きます。

神棚のお祓い

大きな神棚の場合は、神社にお願いしてお祓いして頂き引き取りをお願いしましょう。

小さい神棚の場合は、ホコリ等を払ってきれいにしてから白い布等で包み込み神社に持って行き、引き取りをお願いしましょう。

仏壇のお祓い

お仏壇は、お寺様にお願いして、お魂抜きをして頂き仏壇店様に引き取りをお願いしましょう。

お祓いの参考費用

お祓いお礼金は、1万円から5万円程度ですが、お祓いのお供え物をどちらで用意するのか、又神主或いはお坊様を迎えに行く、お祓いに必要な祭壇等の運搬をどちらでするのか等でお布施や榊代に差があるようです。

尚、お礼金の包みには、お寺様には〔御布施〕神社様には〔榊代〕と書いてお渡しする方が多いようです。

最近の事例

家屋のお祓いを神社様にお願いしないで、建物の四隅と中央に塩と御神酒をまいて略式のお祓いをする場合が多いようです。

尚、お祓いをどのように行うか迷っている方は、私共にご相談ください。

微力ではありますが、光和ルーフの経験を元にアドバイスを提供致します。